RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

買って失敗だった機械とか

2014.01.24 Fri
こいつぁ面白そうだ!と思って買ったものの、結局俺の生活から淘汰されちゃった奴らの反省。



【iPhone&iPod対応】 ヴァーテックス FMトランスミッター VTC-TM04 PK [37754]【iPhone&iPod対応】 ヴァーテックス FMトランスミッター VTC-TM04 PK [37754]
(2010/11/01)
Vertex

商品詳細を見る

VTC-TM12
車内でカラオケと称して、ボーカルキャンセル機能をつけたFMトランスミッター。
ボーカルキャンセルは面白いのだが、それとは関係なく音質が劣悪でダメ。





Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite
()
Amazon

商品詳細を見る

Kindle PaperWhite
回線無料でどこでも本をダウンロードできる電子ペーパー式読書端末。
無料3G回線とはすごい!の勢いだったけど、本を読まない人がちょっと興味を持ったくらいでは無用の長物に成り下がる運命。
あとKindleで買った本見るならiPhoneでも十分というね。





SANWA SUPPLY プログラマブルテンキー NT-19UH2BKSANWA SUPPLY プログラマブルテンキー NT-19UH2BK
()
サンワサプライ

商品詳細を見る

プログラマブルテンキー NT-19UH2BK
Tab-Mate Controllerの記事でも挙げたもの。
あまり使わない左手を有効活用して、面倒な操作を簡略化できるんじゃないか!?と思ったものの、
追加のテンキーというイレギュラーな存在に指を当てておくってやたらストレスフル。お蔵入り。





Adonit Jot Touch Bluetooth搭載筆圧対応スタイラスペン ガンメタリック JOTT-GMAdonit Jot Touch Bluetooth搭載筆圧対応スタイラスペン ガンメタリック JOTT-GM
(2012/08/10)
Adonit

商品詳細を見る

Jot Touch
Bluetooth経由でiOS機器などに筆圧情報を送るスタイラス
しかも、ペン先をボールジョイントの透明なパッドにすることで認識に広い接地面が必要な問題をクリアし、普通のペンに近い感覚で描画できる。
iPadの筆圧と接地面の問題を解決!これで勝つる!と思ったものの、やっぱり操作感が理想と違った。
あと透明パッドがどっかいきやすい。




これは便利だろ!と思っても、慣れ親しんだ不便を捨てられないことって……あるよね。



スポンサーサイト
Category:機械 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ツクール系ゲームへの回想

2014.01.19 Sun
昔、RPGツクールの類が好きでした。
なぜか、やたら好きでした。
かつての俺は、ノートに絵を描いては友達に見せるタイプの少年
ゲーム画面を模した絵もいっぱい描いた記憶があります。
ゲームが作れる」ということに恐ろしく心惹かれたものと思われます。

全盛期は小学生高学年〜中学校辺りかな。
ろくにゲームを完成させたことはないにしろ、なんだか恐れ知らずの情熱に満ちていた気がします。

俺の中二時代を彩ったゲーム制作系ゲームを挙げてみる。主にPSとPS2。
当時は中古で買ったものが多いので、買った時期とは開きがあるかも。


ダンジョンクリエイターダンジョンクリエイター
(1996/05/31)
PlayStation

商品詳細を見る

ダンジョンクリエイター(1996年・EA)
3D表現された主観視点の迷路探索ゲームを作れる。
Wizardryや世界樹の迷宮に似ているが、戦闘画面に移行せず、相手との位置取りを考えて移動と攻撃を行うローグライクっぽい要素もある。
自由度は低いが、ゲーム作りごっことしては悪くなかった。




デザエモンプラスデザエモンプラス
(1996/05/24)
PlayStation

商品詳細を見る

デザエモン+(1996年・アテナ)
縦シューが作れる。5面構成の縦シューというゲームデザインは変わらないものの、
この時代の家庭用ツールでありながらほぼ全ての画像と音楽を自作できるという神憑り的なソフト。
だが、俺の能力が追いつかなかった




3Dシューティングツクール3Dシューティングツクール
(1996/12/20)
PlayStation

商品詳細を見る

3Dシューティングツクール(1996年・アスキー)
当時は知らなかったけれど、これはスターフォックスツクールですわ。
当時は面の作り方を全然理解できなかった。
サンプルゲームのキャラと武器を変えるのが精一杯。
そしてそれを自作ゲームだと言い張るのが小学生クオリティ。




RPGツクール3RPGツクール3
(1997/11/27)
PlayStation

商品詳細を見る

RPGツクール3(1997年・アスキー)
PS初のRPGツクール。極めてそつなくまとまった名作。
・オリジナルグラフィックが作れる
・可変容量によりメモカを圧迫しない(この手のゲームには全容量をあてなければいけないものが多かった。)
・現実的なロード時間
・バグ皆無
・自由度と作りやすさのバランス
何もかもが適度であり、当時の俺絶賛。当時の電撃プレイステーション増刊に毎月投稿作品が収録されたのもでかい。
アーカイブスまだっすか?




シミュレーションRPGツクールシミュレーションRPGツクール
(1998/09/17)
PlayStation

商品詳細を見る

シミュレーションRPGツクール(1998年・アスキー)
文字通り、スパロボやFFTみたいな、ユニットを盤上で指揮するSRPGを作れる。
「容量が小さい」「あまりにもイベントの幅がない」「戦闘システムが糞」などと言われ評判が良くない。
ただ他のツクールとくらべて格段に「戦闘アニメーションを頑張ってる」のがイイところ。
ゲームも作ったけど、アニメのテストプレイばっかやってた。




3D格闘ツクール3D格闘ツクール
(1998/07/30)
PlayStation

商品詳細を見る

3D格闘ツクール(1998年・アスキー)
バーチャファイター的な3D格闘ゲームを作る……というか既存のキャラクターにモーションを設定するゲーム
キャラクターはプロフィールを設定出来るだけで、見た目は全くカスタマイズできない。
各関節の角度を調整し、要所要所のポーズを設定してなめらかに動作させるのだが、どう考えても素人にはハードルが高すぎる
あとなんかこのゲームの攻略本、異様に濃かったな。




ポケットじまんポケットじまん
(2000/01/13)
PlayStation

商品詳細を見る

ポケットじまん(2000年・SCE)
ポケットステーション用の小粒なADVやRPGを作れる。
ポケステはこのパッケに写ってる白いやつで、PSのメモリーカードに素朴なゲーム機能を合体させたようなもの。
ポケステが32x32の白黒2階調というあまりにも貧弱な画面であるため、作れる規模もお察しという感じだが、
それでもドット絵を駆使してゲームを作るのは楽しかったし、制約の多さゆえにアイデアを絞り、規模の小ささゆえに投げ出しにくいという利点でもあった。




RPGツクール4RPGツクール4
(2000/12/07)
PlayStation

商品詳細を見る

RPGツクール4(2000年・エンターブレイン)
どうしてこうなった……
・オリジナルグラフィックが表示され直す度にロード
・容量がすぐなくなる
・バグ多し
・機能自体は正統進化
RPGツクール4が発売されたあとも、前述の電撃プレイステーションには3の作品が投稿され続けた。
最後に一つだけ載ったな。「4の可能性を見せてくれた」なんて編集者記があったような……
しかし、「今思えばクソだった」という補正が強いのもある。当時は割と楽しんでたぞ。




音楽ツクール3音楽ツクール3
(2001/03/08)
PlayStation

商品詳細を見る

音楽ツクール3(2001年・エンターブレイン)
RPGツクール4用のBGMを作ることができるソフト。
RPGツクール4の残念さを知り、そして音楽の心得が一切ないのにこのソフトをフルプライスで買った当時の蛮勇さがヤバい。
音楽のチュートリアルがあるわけでもないので、全然やれてない。
ただ、耳に残ったサンプル曲があったのはいい出会いだったかな。
星のかけらを探しに行こうAgainとか。なんで入ってたんだろ。




RPGツクール5RPGツクール5
(2002/08/08)
PlayStation2

商品詳細を見る

RPGツクール5(2002年・エンターブレイン)
プラットフォームをPS2に移したツクール。早すぎたマインクラフト
正方形のブロックを基調としたマップチップで3Dマップを作り、かなりプログラミングに近付いたスクリプトを組んでイベントを作る。
RPGツクール3の時の「自由度と作りやすさのバランス」を思いっきり自由度に振ってしまった一品。
できることは多いものの、システムに対する高度な理解を要する。
でもわりと楽しかったよ。ゲーム制作ごっことしては。




RPGツクールRPGツクール
(2004/12/16)
PlayStation2

商品詳細を見る

RPGツクール(2004年・エンターブレイン)
PS2無印。RPGツクール6ではない。
今度はおもいっきり作りやすさに振って自由度を犠牲にしたゲーム。極端だなオイ
極めて洋ゲー的な八頭身キャラでファンタジー作品を作れるが、諸要素が色々モッサリで残念。
パッケージのやたら悪役ヅラした若者もピンク髪の女の子も出ません




この後俺は、パソコンを手に入れたことにより「RPGツクール2000」に傾倒するようになったけど、「どうせ最後まで作る力はない」という経験の蓄積からか、いつしかツクールから離れてた。
でもたまにやると楽しいんだよな。自分の作ったキャラが自分の作った敵といい戦いをしてるだけでなんかほっこりする。
作りかけのデータに当時の情熱や思想が色濃く残ってて驚かされたりするし。
忘れた頃にタイムカプセル的に楽しむ作品、なにか完成させてみたいな。

Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

iPadで絵を描くこと

2014.01.16 Thu

Apple iPad Air Wi-Fi 16GB  シルバー(ホワイト) MD788J/AApple iPad Air Wi-Fi 16GB シルバー(ホワイト) MD788J/A
()
アップル

商品詳細を見る


初代iPadと第4世代iPadを持っています。
iPhoneと母艦Macがあるので、ゲームやってる時のながら見くらいにしか使わないけどね。

初代はなんかAppleフリークの同僚とかの熱狂にほだされて買った覚えがある。
使わなくなってスタイリッシュお盆と化していたのでもう親にあげました。

さてiPadを液晶タブレットっぽく使う用途を期待する人は割といると思う。俺だけど
なんか、画面に直接描けるなら思い通りの絵が描けそうじゃん。無根拠だけど

実際使ってみると色々と心を折られる

・良くも悪くも直感的な「指」という画材の難しさ。
・スタイラス(タッチペン)を使えばイイかというとそうでもなくて、指同様に極太の筆先を押し付けて描く必要がある。
・筆圧を感知しない。筆圧感知スタイラスと対応アプリの連携で対応もできるけど、そういうスタイラスは高価。
・描画点以外は画面に触れてはいけない。
・細かい動きになると精度の低さが露呈する。
・流石にPCソフトと比べるとアプリの機能が数段劣る
・基本的に、PC向けの絵チャとかには参加不可能。


でも描ける人は描けるのは確か。弘法筆を選ばずッスわ。

昨今では液タブのほうも進歩してきて、今は既に実売8万円を切るCintiq 13HDとかあるしね。
iPad Airは最上位モデルだと8万超すんだな。


Category:イラスト | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鍵型Lightningケーブル「Bluelounge kii」を買った

2014.01.08 Wed
iOS機器の充電ケーブルの壊れやすさは異常。

必ず端子付近の被覆がたるみだし、やがて裂けて昇天する。ケーブルに身をやつした龍か何かですか
他の機器のケーブルではこんなことないのにな。Lightningになっても相変わらずだ。


【Bluelounge】 iPhone/iPod 用 カギ型 Lightningケーブル Kii キー ホワイト BLD-KII-WT【Bluelounge】 iPhone/iPod 用 カギ型 Lightningケーブル Kii キー ホワイト BLD-KII-WT
(2013/09/25)
BlueLounge

商品詳細を見る

さて、こんなものを買ってみた。
Bluelounge Kiiという鍵の形をした超小型Lightningコネクタ。昔の端子形状のやつもあるよ。
モバイルバッテリーを買うに際して、携帯性に優れつつ失くしにくいケーブルを……と思って見つけたもの。
見ての通り鍵の形をしててとってもスタイリッシュ。
ものをなくしやすい俺にとって、必携する車のキーとともに持ち運べるのはとてもありがたい。

kii

ロック機構の付いた頭を外すと端子が出てくる。
金属製の頭とUSB端子に挟まれた白い部分は適度に柔らかい素材で、微妙に自由が効く。
伸縮したりはしないので、無理のない接続維持のためにはUSBを挿す機器側が融通してやる必要がある。

お値段はちょっと張るものの、安心のApple認定品なのでiOS7で問題なく動く。
このコンパクトな佇まいにティンとくる方にはおすすめできます。

Category:機械 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。