RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Apple Watchが発表されたけど敢えてVivofitを買った件

2014.10.17 Fri

藤原恭介です。
去る9月6日にウェアラブルデバイスApple Watchの発表がありました。


Mac Fan (マックファン) 2014年 11月号 [雑誌]Mac Fan (マックファン) 2014年 11月号 [雑誌]
(2014/09/29)
不明

商品詳細を見る


俺はiMac,iPhone,iPadを常用するAppleファンの端くれですし、
ちょうど常時装着して運動量管理をするアクティビティトラッカーにも興味がありました。

でも今回は見送ろうと考えました。
発売が少し遠く、活動量計としては値段もなかなか張る。
新型を次々出すAppleの、全く新しいジャンルの商品の初期型という不安もあります。
おそらく1年でより洗練された新型が出るでしょう。
その頃には、発売当初の熱狂が一段落して利用者の生の声も聞けるはずです。
その頃にまだ興味があれば買おうかなと。

んで、その「つなぎ」や「予行演習」の意味も含めて、
本来の目的である「活動量管理」をすぐ始めるために買ったのがコレ。

IMG_0882.png

ガーミン社の「Vivofit」です。




選んだ決め手

新たな道具を生活に取り入れる場合、自分と道具の相性をよく考えなければいけません。
自分に合った道具を買うか、自分が道具に合わせる覚悟をするか。
どちらかができなければ道具はすぐに生活からはじき出され、引き出しの中でホコリを被ることになります。
できれば、自分に合った道具を買うほうが楽です。

自分の性格を分析して、こんなやつがほしいというのをまとめました。

・手ぶら派。物をなくしやすい。 → 直接身につけるタイプがいい。
・めんどくさがり。 → 頻繁に充電する必要がないものがいい。
・自分に甘い。 → 目標を自動で決めてくれる機能が欲しい。

図らずしもクズ自慢みたいになってしまいましたが、とりあえずこういう奴が欲しかった。

着替え時になくしそうなクリップタイプは除外、
数日で充電が要るタイプは除外……とした時点でもうこのVivofitしか残らない。


GARMIN(ガーミン) vivofit 【日本正規版】 122536GARMIN(ガーミン) vivofit 【日本正規版】 122536
(2014/05/19)
GARMIN(ガーミン)

商品詳細を見る


Vivofitは、ゴム製のリストバンドとそこにはめ込む液晶付き小型機器から為るアクティビティトラッカー。
センサーが感知した動作を元に「ステップ」という単位で日々の活動量を計測してくれます。
水深50mの防水能力とボタン電池による1年の連続稼働能力を誇るタフな一品です。
また自動的に一日の目標ステップ(歩数)を変化させてくれる機能を持ちます。
日々のステップ数は本体メモリに保持され、iOS、Android機器の専用アプリで詳細を閲覧できます。
IMG_0945.png

手動入力の体重記録機能や、睡眠管理機能もあります。

その他面白い機能としては、しばらく動いていないとディスプレイ上部の赤いゲージが溜まってくるという機能もあります。
上のスマホ管理画面スクリーンショットにちらっと写ってる「バッジ」は、いわゆる実績やトロフィーみたいなもので、累計ステップ数などの実績に応じて褒めてくれます。



実際に使ってみて

購入した9/13から使い始め、平日はほぼ目標を達成してきました。
ハードルを上げ過ぎないために土日は休憩ということにしておきました。

最初に設定された目標ステップは7500。1ヶ月間目的達成を重ねたところ、今は8600くらいに上昇してます。
参考までに、一日家の中でぐうたらしていると500ステップくらいにしかなりません。
平日でも昼休みに40分、夜に40分歩く程度でこのステップは大体クリアできます。
ものぐさの俺でも、ノルマを常に腕に装着しているとかなりやる気が出ました。
体重もわずかずつですが減っています。

*

充電がいらないのはやっぱりかなりいい!
十分運動した日は適当に外してポイーしといて大丈夫ですし。
地味ながらも継続意欲にしっかり貢献してくれる要素。

*

しかし充電しなくていいから常につけていられるかというと、そうでもありませんでした。
季節もあるでしょうが、かなりムレます。
基本的にデスクワーク中は外しておくようにしました。
どうせ、ステップ数は2回のウォーキングで稼ぐのですし。
ラバーベルトだし、メカは防水なので洗うのは簡単でいい。

*

防水性は今のところあまり役に立ってはいません。
買う前は、風呂でも外さなくていいんだ!すごい!楽!などと考えていましたが、
普通に外して入浴したほうが楽で、自然です。入浴中メガネを外すのと同じ感覚です。
大体、濡れた腕とvivofitを拭くためには結局外さないといけませんしね……。

*

睡眠時間管理もできますが、やめました。
めんどくさい上に、効果が地味すぎです。
硬いボタンを4秒ほど押しっぱなしにしてスリープモードを起動し、就寝。起きた時にまたボタンを押してストップ。
それで記録されるのが睡眠時間(自己申告)と起きた時の気分(自己申告)と睡眠中の動き(誰得)。
眠りの浅い時にアラームとか気の利いた機能はない。
蒸れますし……もう睡眠時は外してます。




正直使わない機能も多いですが、
シンプルな運動の動機としては大変役立ってます
目標を達成せずに寝るなんて考えられない、という好ましい習慣状態を維持できています。

しかし問題はこれから……
何らかの拍子につけるのをやめてしまわないようにしなければ。
「体重の目標を達成した時」とかが「もういいや」ポイントになっちゃうんですよねえ。

自分に合うアクティビティトラッカー選びに関してはこのエントリもご覧ください!

「活動量計&アクティビティトラッカー 完全ガイド」を読んでみて……




関連記事

Category:機械 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<【イラスト】スーパー魔法少女大戦・大魔法峠/田中ぷにえ | HOME | Bluetoothキーボード「TK-FBP052BK」購入時の注意点!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/124-a5a5afcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。