RSS|archives|admin

サイコブレイク 素直な感想(序盤)

2014.10.25 Sat

初回プレイ、難易度:サバイバル(★★☆)。
メモ程度の感想です。

チャプター1
道が見えるままに進み、イベントが起こればスティック操作などで対応するだけのチャプター。
まだいまいち面白くないが、期待はふくらむ。

チャプター2
拳銃を入手。ホーンテッド(いわゆるゾンビ)と戦ったりやり過ごしたり忍殺スニークキルで一撃で倒したりとプレイヤーの腕の見せどころになってくる。
うまく戦えず何度も死に、何度も「ちょっと前からやり直し」になる。ちょっとイラつく。
拳銃は弾が少なく、ヘッドショットでも致命傷にならない。後で分かったが使い方にコツがいる。
忍び寄ってスニークキルや、ビン投げでスタンさせてからのスニークキルが主要な撃破手段。
近接攻撃は威力が低く危険だが、それでも使っていかないと気づかれた敵を倒せない。
スニークキルで使うゴッツイナイフ持ってるくせに、大振りなパンチしかできないのは腑に落ちない。

チャプター3
多くの人にとってイライラマキシマムポイントとなったであろう難所。
敵が多すぎ、全員をただのアクションゲームの感覚で倒そうとすればすぐに死ぬ。
ダウンを奪える高いショットガンと、ボルトの使い分けで汎用性の高いクロスボウが手に入り、バトルが有利に……ならない
弾薬が足りない。無駄撃ちが死を招く。破れかぶれの近接攻撃になり、反撃を受けて死ぬ。
何度も死にながら、敵の位置、武器の特性、主人公の脆弱性を学ぶ。
なんとかザコゾンビを始末すると、初のボスも出てくる。これまた素早く追いかけてきて即死攻撃を繰り出す。
また何度も死んで、対処法を編み出してなんとか勝った。
死にすぎてイライラが怖さを塗りつぶし始めた。

チャプター4
「透明になるゾンビ」が現れだす。攻撃されればもちろん1〜2発で死ぬ。大変うざい。
チャプター3に続いて、一対多の強制戦闘。スニークとは一体何だったのかと思う。
死ぬ。死ぬ。死ぬ。何度死んだんだ。面白くない。全く時間の無駄を感じる。
初めて攻略サイトを見る。
爆弾トラップに誘導し、手榴弾を投げ込むと一網打尽にできた。
設置されているトラップの積極的な利用が重要なゲームだと気づく。

チャプター5
ちょっと面白くなるチャプター。
透明ゾンビも対処法を学んだ。動くと空間が揺らめくし、オブジェクトを蹴飛ばしたりする。
間合いを計ってショットガンや特殊ボルトなどで動きを封じ、即座にマッチで燃やしてしまう。
このゲームはマッチが最強兵器。ひるませて、マッチ。これが必勝パターンだったんだ。

仲間たちが登場して、少し孤独に理不尽ゲーをやってる感じが和らぐ。
また集団戦闘があるが、ダウン→マッチをうまく使えば大したことはない。

チャプター5はボリュームが結構ある。
戦闘慣れしてきた分、怖さを味わう余裕が出てきた。
登場人物の因果関係やバックストーリーが全くわからず、
ただただ不意を突かれてビックリさせられる系の怖さ。
周りの声を聞く上ではこのストーリーはクリアしてもあまり釈然としないらしくちょっと意欲が削がれる。




俺は「バイオハザード」をやったことがない。ので、多くの人が語る「バイオとの比較」はちょっと分からない。
「鬼武者」は大ファンだった。鬼武者の現代ゾンビ相手版だろ?と思ったがちょっと誤算だった。
今のところ早くクリアして売りたい感が満点である。


サイコブレイク 【CEROレーティング「Z」】サイコブレイク 【CEROレーティング「Z」】
(2014/10/23)
PlayStation 4

商品詳細を見る




関連記事

Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<セガプライズ・艦隊これくしょん -艦これ-プレミアムフィギュア 一航戦・赤城/加賀 | HOME | 「サイコブレイク」予約特典のゴアモードDLCが予約しなくてももらえました>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/134-9503b1f4