RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

iPadで絵を描くこと

2014.01.16 Thu


Apple iPad Air Wi-Fi 16GB  シルバー(ホワイト) MD788J/AApple iPad Air Wi-Fi 16GB シルバー(ホワイト) MD788J/A
()
アップル

商品詳細を見る


初代iPadと第4世代iPadを持っています。
iPhoneと母艦Macがあるので、ゲームやってる時のながら見くらいにしか使わないけどね。

初代はなんかAppleフリークの同僚とかの熱狂にほだされて買った覚えがある。
使わなくなってスタイリッシュお盆と化していたのでもう親にあげました。

さてiPadを液晶タブレットっぽく使う用途を期待する人は割といると思う。俺だけど
なんか、画面に直接描けるなら思い通りの絵が描けそうじゃん。無根拠だけど

実際使ってみると色々と心を折られる

・良くも悪くも直感的な「指」という画材の難しさ。
・スタイラス(タッチペン)を使えばイイかというとそうでもなくて、指同様に極太の筆先を押し付けて描く必要がある。
・筆圧を感知しない。筆圧感知スタイラスと対応アプリの連携で対応もできるけど、そういうスタイラスは高価。
・描画点以外は画面に触れてはいけない。
・細かい動きになると精度の低さが露呈する。
・流石にPCソフトと比べるとアプリの機能が数段劣る
・基本的に、PC向けの絵チャとかには参加不可能。


でも描ける人は描けるのは確か。弘法筆を選ばずッスわ。

昨今では液タブのほうも進歩してきて、今は既に実売8万円を切るCintiq 13HDとかあるしね。
iPad Airは最上位モデルだと8万超すんだな。



関連記事

Category:イラスト | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ツクール系ゲームへの回想 | HOME | 鍵型Lightningケーブル「Bluelounge kii」を買った>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/16-ee00ba5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。