RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ニンジャスレイヤー コミック版単行本(1)

2014.04.17 Thu

ニンジャスレイヤー


説明不要の突き抜けた曲解ニッポン観が魅力の作品であるニンジャスレイヤー
コミック版1巻が発売されてます。今なら那珂ちゃんもついてる。

俺は漫画には正直疎いので、作者が誰やらは置いといてこのコミック版のいいとこを語る。

◆原作のスタイルと漫画の表現力のいいとこ取り◆

俺はTwitterで頻繁に見かけるニンジャスレイヤーネタから興味を持ち、書籍版(先に発売された、小説版だ)から作品そのものに触れた。
Twitter発故に文章の一塊ごとに面白さを凝縮した独特のテンポがあるし、描写はバカバカしいのに話がしっかりしてて面白い
 
ただどうしても文字ばかり入った分厚い本を手にとって開き、一人で黙々と読み進めるという行為自体がちょっと重いんだよね。読書慣れてないから。
 
じゃあ無料公開されてるネット版を読めよって自分で思う。
でもこういう書籍版が新発売ってのは読者参入のきっかけとして魅力的だったんだよな。
 
この漫画版は、まさに口コミでちょっとニンジャスレイヤーに興味を持った新規にうってつけな逸品であったと思う。

珍妙なネオ日本語が乱舞する「地の文」がナレーションや書き文字で的確に織り込まれているし、
殺伐とした異能ニンジャバトル」と「シュール極まりない曲解日本文化」との融合が高い画力で表現され、
作品特有の真剣なギャグがこれでもかというくらいに強調されている。
気持ちよく爆笑できるし、時には熱い展開に燃えながら一気に読み切ることが出来た。
 
次巻が楽しみである。


ニンジャスレイヤー (1)  ~マシン・オブ・ヴェンジェンス~ (カドカワコミックス・エース)ニンジャスレイヤー (1) ~マシン・オブ・ヴェンジェンス~ (カドカワコミックス・エース)
(2013/12/10)
余湖 裕輝、田畑 由秋 他

商品詳細を見る



関連記事

Category:その他娯楽 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<絵のウケについて | HOME | スーパーデフォルメポーズ集の新刊が出てた>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/30-c6a93183

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。