RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Macでアプリが(一時停止)になったら

2014.06.10 Tue

暑くなる毎日いかがお過ごしでしょうか。藤原恭介だよ。

先日、つけっぱなしになっていたiMac(OS X Mavericks)を見たら、熱で負荷が増大したらしく多くのアプリが(一時停止)になっていた。
一時停止させられたアプリは、ウィンドウがちゃんと映っているものの例の虹色ぐるぐるのままうんともすんとも言わぬ。
(応答なし)とは違うのか。一時停止ってことは、再開できるんだろうか
作業中のファイルの保存はしてたはずだが、諦めて強制終了してしまうのもちょっと怖い。
(一時停止)になったアプリを再開する方法を探してみた。

かろうじて見つけた機械翻訳の如きでたらめ日本語のサイトを読み解いて、無事再開に成功。
以下に手段を記す。

まず、アクティビティモニターを開く。
Spotlight(Macではいつも右上に出てる検索欄)に「activ」とでも入れればすぐ顔を出す。

出てきたリストに一時停止状態に陥ったアプリが赤く表示される。
アプリケーション名を確認したら、その行のPID列に注目。ここの数桁の数字を後で使う。

次にターミナルを開く。
同じくSpotlightで「term」。

開いたターミナルにそのまま「kill -CONT PID」と入力する。PIDの部分は、さっき調べたPIDの数字を書く。
これで一時停止は解除され、アプリの動作が再開するようだ。

もっと手軽な方法があったら教えてちょ。



Category:Mac | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<椅子を買い換える | HOME | 絵のウケについて>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/32-90aa5424

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。