RSS|archives|admin

発売1ヶ月後 フリーダムウォーズ プレイ感想

2014.07.27 Sun


フリーダムウォーズフリーダムウォーズ
(2014/06/26)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


発売日に購入して一応エンディングまで見たフリーダムウォーズのざっくりとした感想を述べます。
ストーリーの話はしますが、ネタバレはしません。

ここがGOOD
・資源枯渇により人類の大半が厳しい監視統制下に置かれた、抑圧・強制・争奪の世界設定
・ワイヤーの射出と巻取りによる高速移動や張り付きを駆使して戦う立体機動アクション
・武器を選び、銃撃と斬撃を使いこなして戦う楽しさ
・キャラクターカスタマイズが幅広く、パートナーアンドロイド(男女選択可)は合成音声で好きなことを喋らせられる
・自分+NPC7人の8人グループでの戦いは、一人プレイでも高い共闘感をくれる
・都道府県別対抗戦のシステム


ここがBAD
・序盤、バトルおあずけで拠点内を行ったり来たりさせられることが多くテンポが悪い
・それでいながら、魅力的な世界観を活かしてるとは思えない釈然としないストーリー
・モンハン感覚だと、小柄で強い敵の人間キャラの存在が最大のストレス要素になってくる
・キャッチコピーの「懲役100万年」にさほど意味がない(経験値的な要素に過ぎない)


「フリーダムウォーズ」は、2014年6月26日にソニー・コンピュータエンターテインメントジャパンアジアが発売したPlaystation Vita用ゲームです。
公式のジャンルは"奪還"マルチプレイアクション。早い話がモンハン系。
資源が枯渇した未来の地球で、「生きているだけで重罪」とされ、戦闘による貢献を強制される低級人民「咎人」である主人公たちの物語を描きます。

端的に言うと、楽しめました。
キャラクターカスタマイズの幅が広いのはとてもいいです。
また決めた名前を質のいい合成音声でよく呼んでくれるのは没入感に大いに貢献。

acc.jpeg


モンハンに進撃の巨人みたいなワイヤーアクションを加えたスピーディでスタイリッシュなバトルはなかなかの熱中性。
また、奪還マルチプレイアクションを謳うだけあり、敵大型ターゲットに存在する護送ポッドを部位破壊してNPCを助け出し、追撃をかいくぐって撤退するのが主目的のクエストが多く組まれています。この辺りはモンハンと大きく差別化したポイント。

バトルは大型との戦い以外にも人間サイズの敵NPCとの戦いにも重きが置かれていて、
小柄、複数人、狙いが正確、高火力と手強いのできちんと対応できないとすぐ死にます。
大型とのタイマンはすごく面白いので、どうも横槍を入れてくる敵NPCの強さは賛否両論。
こういうゲームだと割り切って対応できるかどうか。
実際、なんとかなるんですよ。
ミニマップに常に気を配り、敵NPCが現れ次第大型に固執するのをやめて味方に指示を出し掃討に当たるとか。
それを本作なりの手応えととるか、面倒で不愉快ととるかどうかなんですけど。

シナリオに関しては「世界観はいいのにストーリーは残念」というのが今まで見た大方の意見。
敵対者や主人公を導く謎の存在の描写不足などから「打ち切りマンガ」とよく揶揄されています。

モンハンだってだいたい「ヤバいモンスター出たぞ!」→「倒したの!?あんた英雄だ!」みたいな希薄なストーリーですが、基本的にクエストの繰り返しだけが主軸になって話が進むからこそそれでいいんだと思います。
本作は新クエストを発生させるために長い会話パートや移動パート、メタルギアソリッドを10倍に薄めたような誰得潜入パートをこなさないといけないため、どうしても「早くバトルさせろよぉ……」と思ってしまいます。

フリーダムウォーズなりの戦い方を身につける」「ストーリーのタルさは必要経費と割り切る
この2点に気をつければ、フリーダムウォーズは十分楽しめます。

こんな人におすすめ
・死んで覚えるゲームがやりたい
・自キャラの着せ替えが大好き
・魅力的な世界観と無口系な自キャラを与えられるだけで色々妄想できる
・進撃の巨人の立体機動アクションが好き
・拘束・監禁されたい願望がある

こんな人にはおすすめできない
・最初から最後までアクションなゲームがいい
・世界観を活かした魅力的なストーリーに期待してる
・適切な状況判断や周到な準備が必要なゲームが苦手
・狩りゲーに大型モンスターとのタイマンバトル以外は必要ないと思う
・あと数回投げたらVitaが壊れそう




次回の大型アップデートで、都道府県対抗のオンラインプレイが本格始動する様子。
期待してます。多分ストーリーはFPSのキャンペーンモードくらいの位置づけなんだよ。


関連記事

Category:ゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<脳波で操縦するヘリコプターのおもちゃが発売 | HOME | Tab-Mate Controllerのリニューアル版が発売された件>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/41-58d6f63c