RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

iPhoneのメッセージアプリが起動しない時でもメッセージを送る方法

2014.07.31 Thu


docomo au SoftBank iPhone5 iPhone5S 対応 食品サンプル iPhone ケース カバー ジャケット (パン/右)docomo au SoftBank iPhone5 iPhone5S 対応 食品サンプル iPhone ケース カバー ジャケット (パン/右)
()
ハミィ ストラップヤ

商品詳細を見る

いいなこのケース。

さて、自分のiPhoneのメッセージアプリの使い道は2種類あります。

・家族に帰宅時刻を知らせる

・業務用のメールの受信を確認する



帰宅時刻を知らせるのは、まあ言わずもがな。
業務用のメール確認は、主にパソコンで見るので「メールが来たこと」が分かればオッケーです。

で。
そんな使い道なので、見てない業務用のメールが鬼のように溜まります
バッジがもう1300とかになってる。

すると徐々にメッセージアプリが重くなり始め、
とうとう何度起動しても白い画面をしばらく表示した後に落ちる有様になりました。


直す方法はあると思うんですがね。
メールの通知自体はちゃんと来てて、「家族に帰宅時刻を知らせる」ことさえできるなら、
こんな状態でも正直問題ありません。

ではメッセージアプリが起動しない状態でどうやってメッセージ送信を為すか

ずばり、iOSの音声操作機能Siriにお願いします。

Siriはメッセージアプリとは独立してメッセージ送信の仕事をやってくれる、できる娘です。
少々耳が遠いのが玉にキズ
どうでもいいけど本名はキョーコさんらしい。

ホームボタン長押しで呼び出したら、
「(宛先)にメッセージ、(本文の内容)」と喋ります。
宛先は前もって「連絡先」アプリに名前と読み方、アドレスを登録しておきます。

「送信してもよろしいですか?」と聞かれるので、文面を確認して、良ければピポッという電子音の後に続いて「送信」と言います。
これだけです。
画面に注目できない状況の時は、「送信」の前に「読みあげて」といえばメール内容を読んでくれます。

ちょっと前にSiriを有効利用しようとして帰宅準備の片手間にかっこつけてやっていた経験に助けられました。


関連記事

Category:iPhone | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<デジモンアドベンチャー新シリーズ制作決定だって!? | HOME | 実写版進撃の巨人が来年夏に公開とのこと>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/47-bf32aff1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。