RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ヤマハの自動で作曲・歌唱を行ってくれる「ボカロネット」を試してみた

2014.08.05 Tue


初音ミク V3 バンドル初音ミク V3 バンドル
(2013/09/26)


商品詳細を見る



ボカロネット」は、もはや説明不要の「ボーカロイド」技術を擁する天下のYAMAHAが8月4日から始めたサービス。
歌詞を入れて曲調を選ぶだけで、ボーカロイドが歌う曲を自動生成するという一見スゲェ感じのするシステムだ。

会員登録すると、まず無料会員として機能限定版を使って1日3回まで・1ヶ月に20回まで曲を作る権利が与えられます。
プレミアム会員はもっと増えるし曲の幅も広がるらしい。

ともあれ試しに2曲作ってみました。
タイトルをクリックで聴いてみてください。

溶けゆく一週間


作詞:藤原恭介

説明不要の月曜日 まだまだ序盤の火曜日
中だるみだよ水曜日 もうすぐ週末木曜日
さっさと終われ金曜日 ついに来たぜ土曜日
あーーーーーーーー 日曜日が溶けていくー



社会人ゲーマー哀歌


作詞:藤原恭介

大人には大人らしいゲームとの付き合い方が
あるのだとは つねづね思うんですけども
どうしても昔みたいにさぁ 頭空っぽで
やりたいよね やりたいよね やりたいよね



共感性を重視したらスゲー後ろ向きになっちまった。
もっと「情熱機関」らしいのにしたかったのにな。

当然プロ並みの曲を想像してると肩透かしを喰らいますが、
それでも「案外ちゃんとしている」感じはあります。

しかし、10年前にもやったな……こういう自動作曲遊び。
釈然とするようでしない少しするメロディは昔からアレですが、
ブラウザ上でできちゃうのに加えて歌もつくとは進歩しましたね。
スマホでも聴けるしさ。

音楽ってのは聴くのは好きでも「自分で作ること」とは無縁な人が多いじゃないですか。自分もだけど。
こういうおもしろサービスで「自分が作品制作に関わる面白さ」を体験できるってのは、とっかかりとしていいよね。
趣味でイラストを楽しむ者の観点からそう思います。


関連記事

Category:ネット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<アニメ化を控えた人気漫画「ハイスコアガール」に著作権問題勃発の経緯 | HOME | 【イラスト】ジェットセットラジオ ビス>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://xacro.blog.fc2.com/tb.php/52-4e8c9a86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。